• Kaori Higashide

来なくなる患者さん

朝晩は、ずいぶんと涼しい風が吹くようになってきました。

たいていの心療内科・精神科が、そうなっていると思いますが、当院も予約制です。

予約の日にいらっしゃらない場合、失念されていて、改めて予約を入れられる方も多いのですが、そのまま来なくなられる患者さんもおられます。


①調子が良くなって、通う必要がなくなった

→この場合なら、よかったです。


②イマイチだったので、他院に通うことにした

→診療がイマイチだったのは大変申し訳なく思いますが、もっと合うクリニックと出会えておられるのでしたら、それはそれでよかったと思います。


③調子が悪すぎて、行くことができなかった

→この場合は心配です。もし、当院からお近い場所であれば、場合によっては往診も可能かもしれませんし、電話でご状況を伺い、相談していただくのも良いかもしれません。


④一度予約に行けなかったので、次に行きづらくなった

→病歴をうかがっていると、通院をやめた理由で、意外と多いのがこのパターンです。

この場合は、どうぞ遠慮せずに、また来ていただきたいと思います。

人は、相手の考えを何らか推測しながら生活しているものですが、うつや不安に陥りやすいパターンとして、相手の考えの推測の誤りがあります。

つまり、

「行かなかったので、医師が気分を害したのではないか」

「行かなかったので、医師がいい加減な患者と思っているのではないか」

などと、考えて行けなくなるという方がいます。

そう考えるお気持ちも理解できますが、実際は、医師サイドからすると、間隔があいても、来ていただけると、安心しますし、予約を無断キャンセルされたことについて、何とも思っていないものです。

診察室での、患者さんと医師の関係において、患者さんの対人関係のパターンが繰り返されることがあります。つまり、④パターンの方は、生活上でも同じように対人関係が継続しないことがあります。

思い切って、パターンを変えて来ていただくこと自体が、治療的な意味を持っています。


初秋の花





閲覧数:437回0件のコメント

最新記事

すべて表示